キャッシングローンを利用しよう【注意点を事前に確認】

メリットとデメリットの差

紙幣

総支払額を抑える効果が

多くの人が組む住宅ローンの中に、フラット35というものがありこれは全期間を固定金利で住宅ローンを組むものです。窓口となっているのは、銀行および信金と農協があり、その他にフラット35を専門に取り扱っている会社もあります。フラット35の特徴は、変動金利型住宅ローンに比べて金利が固定されているため、金利変動のリスクが全くないことです。しかし、金利変動リスクは無いものの変動金利型住宅ローンに比べると金利が高めに設定されています。よって、総支払額は高くなりがちです。ただ、ここ最近のフラット35の金利は減少傾向にあるので変動金利型住宅ローンや同じフラット35から別のフラット35への借り換えにはメリットが生まれます。最初に組んだ住宅ローンの総支払額よりも、借り換えをすることによって総支払額を少なくできる可能性があります。その他にも返済期間を短くできたり、毎月の返済額を減らしたりできる効果も期待できます。しかし、借り換えはメリットだけではなくデメリットも少なからず発生します。デメリットには、手続きを行う必要があること、借り換えを行うための諸費用の負担が発生することです。また借り換えを行うには金利の比較検討や手続きに必要な書類を揃えたりする手間がかかります。よって、ある程度の時間と手間をかけられるゆとりも必要です。そして、借り換えに伴う諸費用を現金で一括払いにすると貯蓄は減ります。ただ、これだけの手間と時間とお金をかけても借り換えを行うと、住宅ローンの総支払額を減らすメリットが享受できます。

Copyright© 2018 キャッシングローンを利用しよう【注意点を事前に確認】 All Rights Reserved.